どんな先生が教えてくれるの?

学生アルバイトが講師になる

塾にはいくつかのタイプがあり、かつては進学支援をメインにするものが多かったです。最近よく見られるのが定期テスト対策や学習の遅れに対応してくれる塾です。近くの学校の授業のペースに合わせて授業を行ってくれるので、学校の授業でわからなかった部分などを塾で勉強しなおせるようになっています。どんな先生が教えてくれるかですが、よくあるのは学生アルバイトです。大学生などがアルバイトとして講師を務めます。学生アルバイトだと比較的年齢が近いので、学校の先生よりも親近感を持って授業が受けられるかもしれません。あまり緊張感がありすぎると勉強への苦手意識が高まりますが、緊張感をほぐすよう工夫しながら授業をしてくれる人もいます。

専門の講師が教えてくれる

学校の先生は、生徒に勉強を教えるのが仕事です。授業を行うだけでなく、進路指導などの相談にも対応してくれます。学校での勉強では足りない時、塾を利用するとより理解度が深まるときがあります。進学塾などのように厳しいところもありますが、和やかに授業を進めてくれる塾もあります。気になるのはどんな先生が教えてくれるかでしょう。塾での講師を専門的に行っている人が教えてくれる所があるので、選んでみるといいかもしれません。学生アルバイトは、年齢が近いメリットはありますが教えるテクニックはあまりありません。専門で教える講師は、常に生徒にわかりやすく指導する研究をしています。どんな生徒に対しても、同じように接してくれる人が多いです。